人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ:第四回 上映作品( 1 )
第四回  上映作品
12月の上映は2作品です!!

2011年12月8日(木曜日)~12月11日(日曜日) (計7回上映) 

◆12月10日は大宮浩一監督がアフタートークにご出演です。

①ただいま それぞれの居場所

文部科学省特選・平成22年度文化庁映画賞 文化記録映画大賞受賞作品 各地の介護施設を
取材し、懸命に介護と取り組む若者やお年寄り、障害者たち、さらにその家族との絆を
描く長編ドキュメンタリー映画




②9月11日


理想の介護を実現しようと、若者が立ち上げた施設・事業所の日常と2010年9月11日に
広島で行われた「介護バカの集い」を記録したドキュメンタリー。『ただいま それぞれ
の居場所』大宮浩一監督。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月8日 
・10:00上映開始「ただいま それぞれの居場所」 + 茶話会
・19:00上映開始「ただいま それぞれの居場所」 + トーク
嶽本雅子(看護師)×勝俣大紀(市議会議委員)

嶽本雅子(たけもと まさこ)看護師/1968年生まれ/忍野村在住
地元の看護学校を卒業後、京都の大学病院に就職。結婚を機に忍野村に移り、以後
訪問看護師として働く。現在はフリーの看護師としてイベントや学校で単発の仕事をしている。

勝俣大紀(かつまた ひろのり)市議会議委員/1967年生まれ/富士吉田市在住
富士吉田市の小明見で生まれ育ち、吉高を卒業。日本大学農獣医学部農芸化学科卒業後、
税理士の資格を取り、そのまま会計事務所に勤めるが、実家の家業(建設業)を継ぐことに。
しかし、7年勤めたが体調を壊し再度、東京。ハワイでマッサージの勉強をし、帰国後、
マクロビの勉強も始める。スクールでは師範科まで行き、某弁当屋でマクロビ弁当の企画、
調理等を経験。腕が認められ四国の病院が運営するマクロビのレストランにチーフとして
スカウトされた。その後、実家に戻り現在富士吉田市議会議員となる。


12月9日  
・14:00上映開始「ただいま それぞれの居場所」 + 茶話会
・19:00上映開始「9月11日」 + トーク
岡山智洋(作業療法士)×田中総明(山梨アクティブスポーツを楽しむ会代表)

岡山智洋(おかやま ともひろ)作業療法士/1975年生まれ/富士吉田市在住
高知県出身。1998年土佐リハビリテーションカレッジ卒業、同年作業療法士免許取得。
7年間リハビリテーション専門病院に勤務、その後老人保健施設勤務を経て現在
『東桂メディカルクリニック』勤務。通所リハビリテーション部門での業務と同事業系列の
『訪問看護ステーションさくら』にて訪問リハビリテーション業務を兼務中。

田中総明(たなか みちあき)
山梨アクティブスポーツを楽しむ会代表/1971年生まれ/甲斐市在住
櫛形町(現南アルプス市)に生まれ、幼少期より自然の中で育ってきました。二輪レースの為
20歳で上京、5年間の東京生活で山梨の魅力を再認識。帰郷後、この山梨で伸び伸びと元気
に楽しめるスポーツの普及活動に力を入れています。子供は11歳の双子(男女)と二女の三人。
長男は生後間もなく小児脳性まひと診断。そんな息子の存在が私の原動力になっています。

12月10日
・16:30上映開始 「9月11日」 + 茶話会
・19:00上映開始「ただいま それぞれの居場所」 + トーク
大宮浩一(おおみや こういち)映画監督

1958年生まれ。映画監督、企画、プロデューサー。日本大学芸術学部映画学科在学中より、映像
制作に参加。『ゆきゆきて、神軍』(87・原一男監督)等で助監督を務める。その後、フリーの
演出家として民族博物館等の展示映像をはじめ、CM、VP、教育映画などを制作。93年、有限会社
大宮映像製作所を設立。主な企画・プロデュース作品に、『よいお年を』(96・宮崎政記監督)、
『JUNK FOOD』(98・山本政志監督)、『DOGS』(99・長崎俊一監督)、『青葉のころ よいお年を2』
(99/宮崎政記監督)『踊る男 大蔵村』(99/鈴木敏明監督)等。2010年、ドキュメンタリー映画
『ただいま それぞれの居場所』を企画・製作・監督。同作は、介護保険制度導入から10年を経た
介護福祉の実状と、自らの理想とする介護を実現するため施設・事業所を立ち上げた
若い介護スタッフたちの取り組みを描き、平成22年度文化庁映画賞文化記録映画大賞を受賞。
同年、若い介護スタッフたちが主催したトークライブと彼らの日常を記録した『9月11日』を
企画・製作・監督。『ただいま〜』の続編が完成間近。


12月11日・15:00上映開始「ただいま それぞれの居場所」 + トーク

小林美智子(訪問看護婦)×丸山高弘(山中湖図書館館長)×藤井由紀(看護師)

小林美智子(こばやし みちこ)訪問看護師/1954年生まれ/富士吉田市在住
准看護師の資格を取りながら開業医で5年間働く。その後 病院勤務を経て32歳の時に
訪問看護の仕事をはじめる。43歳の時 正看護師の資格を取りなおし、現在も訪問看護を続けている。

丸山高弘(まるやま たかひろ)山中湖図書館館長/1961年生まれ/山中湖在住
NPO法人地域資料デジタル化研究会副理事長/山中湖情報創造館館長。埼玉育ち。普通高校を
卒業後、陸上自衛隊を経て、観光地のペンションでアルバイトをしつつ、建築デザインなどを学び、
CG専門学校の職員に。結婚を機に山梨県に移住しつつNPO法人などの活動に参画。所属
しているNPO法人が山中湖情報創造館の指定管理者になるのを機に山中湖村に移住。現在に至る。

藤井由紀(ふじい ゆき)看護師/1969年生まれ/山中湖村在住
大学病院で看護師として働き始めるが、興味のあった海外ボランティアを叶えるためNGOに参加し、
カンボジアでいろいろと感じて帰国。西洋医学に疑問を感じながら看護師を続けるが、アロマセラピーを学ぶために渡英。帰国後、セラピストとして妊産婦さんや産後のママ、がんや難治疾患の方に接した。2010年秋、20年来の夢「いつか富士山の近くに住む!」を実行し、看護師を再開。
by theaterhotori | 2010-11-05 21:53 | 第四回 上映作品